いっぽんの鉛筆のむこうに
投稿 ペンネーム:エロえんぴつ(31歳)

   先日、資料庫の整理をしていると「いっぽんの鉛筆のむこうに」という1冊の本が目にとまった。1985年発行の谷川俊太郎さんの本で、一本の鉛筆を作るのにどれだけの人間の手がかかっているかという事が写真を交えながら書かれている。分類すると絵本になるのだろうか?

   スリランカの鉱山で芯の材料の黒鉛を掘っているポディマハッタヤさんの生活の話から始まり、アメリカのカリフォルニアでインセンスシダーの木を切るきこり、それを運ぶトラック運転手、メキシコのコンテナ船が日本に入港して鉛筆の製造・販売に至るまでの、それにかかわる様々な人と家族を紹介している。子供向けの本だがかなり興味深い!

   確かに今使用しているすべての商品が消費者の手元に届くまでには様々な人がかかわっているのは当然知っている事だが、本として読んでみると感慨深いものがあり、少し感動すら覚える。(ちょっと大袈裟か?)
昔から鉛筆派で、ちょっとした書き物には鉛筆を使うのだが、これからは使うたびにポディマハッタヤさんの家族と息子のサマンタくんの笑顔が目に浮かびそうだ(笑)

   でも一番驚いたのはカリフォルニアのきこり、年間夏の6ヶ月しか働かないのに年収800万も稼いでいる!!一日ビールを24缶飲み、冬はスノーモービルで遊んでいるらしい。きこりって良い生活してんだな~。

「いっぽんの鉛筆」大切に使わんとな。

=戻る=

© 2001 日本鉛筆工業協同組合,All right reserved.